KAWS イギリス北部ヨークシャーにて個展がスタート

ニューヨークはブルックリンを拠点に、世界的な活躍を見せるアーティスト「KAWS」が、この度自身初となるイギリス国内での個展を2月6日よりスタートさせる。場所はイングランド北部に位置するヨークシャー彫刻公園(Yorkshire Sculpture Park)

 

 

KAWSの彫刻作品01 KAWSの彫刻作品04 KAWSの彫刻作品03 KAWSの彫刻作品02

 

マンチェスター、リーズ、シェフィールドといった3都市の、ちょうど中間あたりに位置する彫刻公園に現れたのは、およそ6メートルから10メートルに及ぶ巨大なオブジェクト。×目でお馴染みのKAWSの作品達だ。屋外の彫刻作品のほかにも、ペインティング等20点を超える作品が、ロングサイドギャラリーと呼ばれる屋内展示スペースに展示される予定となっている。

90年代初頭にストリートアーティストとして活動を開始したKAWSは、ニューヨークの街角の広告に×目のキャラクターを書き込む事で一躍有名となった。99年に自身初の作品集となる「EXPOSED」を発表して以来、パリのコレットでの展覧会や日本のUNDER COVER(アンダーカバー) とのコラボ、イブサンローラン誕生40周年を記念して出版された本への作品掲載など、世界のトップアーティストとしての地位を確立してきた。

 

KAWSの彫刻作品07 KAWSの彫刻作品06 KAWSの彫刻作品05

今回の個展に選ばれたヨークシャー彫刻公園には、ヘンリー・ムーアをはじめ、現代彫刻の巨匠達の作品も多く展示されている。都会のストリートアーティストであったKAWSの作品はNYの街角を飛び出し、ついにはイングランドの由緒正しき彫刻公園にまで展示される事となった。なんとも夢のある話だ。

KAWSの作品が展示されるのは2月6日~6月12日までの約4か月間。期間中にイギリスへ行く予定のある人は是非、北部まで足を延ばしてはみてはいかがだろうか。

KAWS

Photos by Jonty Wilde via Supertouch

KAWS : Website / Instagram

 

 

LINEで送る
Pocket

You may also like...